じみ変(β版、ボスは生きている。)



カテゴリ:B型肝炎訴訟( 13 )


私の体調

数年前からバラクルードの服用を始めた私の体調は、安定していたのですが、
一昨年から、PIVKA-Ⅱ(肝臓がんの腫瘍マーカー)が、たびたび正常値を超えて、
エコーやMRIをとるようになりました。とりあえz、今のところ肝臓がんは見つかって
いませんが、PIVKA-Ⅱがやや上昇傾向に有るので、今月の血液検査でも上昇
していたら、MRIをとる予定です。

毎回毎回、ガンかもしれないと言われるのも心的疲労がおおきく、いっそガンですと
宣告された方が気分的に楽なのではと思ってしまいます。

訴訟で知り合った方が、だんだんガンで亡くなっているので、不謹慎なのかもしれませんが
毎回ガンかもしれないというのも、精神的に辛いです。
[PR]
by tamaranz | 2015-01-03 03:08 | B型肝炎訴訟

北海道新聞 社説

==北海道新聞 社説== http://bit.ly/eq3B1D
B型肝炎訴訟 長い苦しみ救ってこそ(2月21日)

 B型肝炎北海道訴訟の和解成立に向け、原告の患者側と被告の国側が詰めの協議を進めている。

 双方は札幌地裁が示した和解案の受け入れを決めており、残された最大の課題は、発症から20年が過ぎ、民法の損害賠償請求権が消滅したとされる患者たちをどう救済するかということだ。

 こうした患者は、約700人の原告の中だけでも10人以上いるとみられる。

 国側は24日に予定される次回協議までに方針を明らかにするという。

 ごく普通に考えれば、長い間、病気に苦しんできた人こそ救済されるべきではないか。法律上の壁があるというなら、それを乗り越える政治的な解決法もあるはずだ。

 地裁が示した和解金は症状に応じて3600万円~50万円。和解案は発症から20年以上の患者に対する扱いに触れていないが、原告側は案通りの額の支払いを求めている。

 一方、国側はこれとは別枠での和解金を考えているようだ。金額は和解案を大幅に下回るとみられる。

 そもそも、1948年に国民の義務として集団予防接種が始まった直後から、注射器の使い回しによって肝炎ウイルスに感染する恐れがあることは知られてきた。それにもかかわらず、88年まで事実上放置してきた責任が国にはある。

 今回の訴訟に先立ち、道内の5人が89年に起こした裁判でも、2006年に最高裁が国の非を全面的に認めたのに、国は被害者全体の救済を行おうとはしなかった。

 問題の解決をいたずらに先延ばしし、その末に「請求権は消滅した」と主張しても、被害者は到底納得できないだろう。

 未発症の感染者への和解金は50万円と他の症状の患者と比べても相当に低い。

 それでも和解案を受け入れたのは、早期の解決を最優先に考えたからだ。苦渋の選択だった。原告を再び苦しめることは避けるべきだ。

 原告は和解の前提条件として、国からの謝罪を求めている。これに対し、国側は「しかるべき時に謝罪する」と繰り返すだけだ。その一方で、原告を線引きしようとするならば、国に対する不信感はますます募るだろう。

 和解に向けては、予防接種で感染した親から二次感染した子供への救済も課題になっている。被害のもともとの原因が予防接種である以上、二次感染者もしっかりと救済しなければならない。

 提訴の段階から原告が一貫して主張しているのは被害者全員の救済だ。その訴えに、国は真摯(しんし)に向き合ってもらいたい。
[PR]
by tamaranz | 2011-02-24 19:52 | B型肝炎訴訟

社説:B型肝炎和解へ 国民全体で財源負担を



http://bit.ly/fqov9a


社説:B型肝炎和解へ 国民全体で財源負担を (毎日新聞)

社説:B型肝炎和解へ 国民全体で財源負担を
 生活保護の母子加算復活、障害者自立支援法廃止など国を提訴した人々の主張をマニフェストに満載した民主党だったが、なぜかB型肝炎救済については触れていなかった。提訴していない患者や未発症者を含む43万人を救済すると最大約3兆2000億円(厚生労働省試算)が必要になる。ただでさえ財政危機の中でどうやって捻出できるのか。ためらうのもわからなくはない。それでも国と原告が和解に向かうのは、札幌地裁が幅広い救済を強く求めて和解協議を主導したことが大きい。

 裁判所がB型肝炎について判断を示したのは今回が初めてではない。06年に最高裁は患者側の勝訴判決を出した。それにもかかわらず国は他の患者は救済せず放置した。患者側は改めて08年から各地で訴訟を起こしてきたが、すでに原告12人が死亡した。病状が悪化して苦しんでいる原告も多い。そうした現実を黙殺してきた政治や行政への怒りが裁判所の背を押したようにも思える。

 和解を実行するためには財源を確保しなければならず、そのために政府内では増税論が出ている。社会保障や財政再建のために消費税を含む増税が避けられない現実に直面しているのが今の政府だ。B型肝炎救済が増税の口実に使われ、国民の批判が患者側に向けられることを懸念する声もある。

 誤解を招かないために指摘しておきたい。集団接種で注射器の使い回しの危険が指摘されてからも国が適切な措置を取らなかったのが被害拡大の原因だ。患者数は多いが一人一人の救済額はC型肝炎などに比べて大きいわけではない。むしろ未発症者への救済は十分とは言えず、2次感染者は対象からはずされた。財政負担が大きいからといって患者に厳しい目を向けるのは間違っている。

 予防接種は国民個々の健康を守るというよりも社会防衛のために始められた歴史を持つ。国民には予防接種を受ける義務があり、76年までは違反すると罰金が科された。多数の人が副作用によって命を落とし、重い後遺症を引きずりながらも、当初は救済されることもなかった。B型肝炎の被害者も94年の法改正で任意接種になるまで義務で受けた接種で感染した人々だ。国家的不作為の延長線上に放置しておくことはもはや許されないだろう。

 一方、集団接種は天然痘やポリオなどの感染症を根絶したり流行を阻止してきた。現在の国民がその恩恵の上に立って生活をしているのだと考えれば、集団接種による被害救済を国民全体で引き受けるのは当然ではないのか。たしかに負担は重いが、社会への信頼や公正を取り戻すための痛みと受け止めたい。
[PR]
by tamaranz | 2011-01-26 04:22 | B型肝炎訴訟

B型肝炎訴訟 謝罪あってこその和解(1月25日)

http://bit.ly/f2vcK7

http://bit.ly/f2vcK7


社説:B型肝炎訴訟 謝罪あってこその和解(1月25日)北海道新聞

B型肝炎訴訟 謝罪あってこその和解(1月25日) B型肝炎訴訟の全国原告団が、札幌地裁が示した国との和解案を受け入れることを決めた。

 未発症の感染者に対する和解金は50万円で、「少なすぎる」との意見が内部にあったという。

 だが、肝がんや重い肝硬変を患っている人もおり、早期の解決が何よりも望まれていた。受け入れは原告団にとって苦渋の選択だった。国はこの重い決断を真摯(しんし)に受け止めてほしい。

 国側も和解案受け入れの方針を示している。これにより、2008年3月の札幌地裁を皮切りに、全国10地裁に630人が提訴した一連の集団訴訟は解決に向かう。

 原告が和解の前提としているのは、国からの謝罪である。

 幼少時に受けた集団予防接種での注射器の使い回しで、ウイルスに感染する危険性があることは、1948年の予防接種法施行直後から徐々に知られてきた。

 それにもかかわらず、国が適切な対応を怠り、被害を拡大させた。

 国は予防接種行政に過誤があったことを率直に認め、被害者に謝らなければならない。

 今回の訴訟は、初提訴からすでに3年になろうとしている。この間、12人の原告が亡くなっている。解決が長引いたことも素直に謝罪すべきだろう。

 厚生労働省は救済の対象者を約43万人、和解金の総額は30年間で最大3・2兆円と見込んでいる。

 巨費ではある。だが、集団予防接種は長い間、義務としてほとんどの国民が受けてきた。だれもがウイルスに感染する可能性はあった。一方で、予防接種でわが国の公衆衛生が格段に向上したのも事実だ。

 それらを考え合わせれば、国民全体で負担を分かち合い、原告を支えなければならない。

 ただ、国はいきなり、和解金の財源として増税論を持ち出してきた。和解金を捻出するために、国民に増税を強いるとの思いに苦しむ原告も出てきかねない。

 国は財源のあり方についてまずは広く検討すべきだ。そのうえで、財政支出の必要性を丁寧に国民に説明してほしい。

 和解にはなお課題が残っている。

 民法では損害の発生から20年が過ぎると賠償請求権が消滅する。肝炎などの発症から20年以上たった患者がいる。集団予防接種で感染した親からの二次感染者もいる。

 その救済策について、和解案には示されていないが、国が本気でB型肝炎の問題を解決しようとするならば、和解案に沿った補償をするのが筋である。
[PR]
by tamaranz | 2011-01-26 04:16 | B型肝炎訴訟

北海道新聞[卓上四季] B型肝炎(1月25日

http://bit.ly/i3wHAR

http://bit.ly/i3wHAR

北海道新聞[卓上四季] B型肝炎(1月25日)

B型肝炎(1月25日)B型肝炎訴訟原告団による和解案受け入れを報じた新聞各紙の「苦渋の決断」という活字に胸のつぶれる思いがした▼つらい闘病生活を送っている人。発症におびえながら暮らす人。最愛の人を亡くした人。人生の苦悩を背負わされた人たちに、苦しい選択を強いる社会とは何なのか。私たちはそんな社会など望んではいない▼筆者もそうだが、ある年齢以上の人には記憶があろう。神妙な面持ちで順番を待つ長い列。一足先に注射を終えたちょっと誇らしげな横顔。あのとき、友の誰かが見えない病原体に侵されたかもしれない。そして、それが私であっても何の不思議もなかった▼43万人ともいわれる救済対象者の多さは、この問題が人ごとではないことを証明する。言うまでもなく誰も望んで感染したわけではない。国が義務づけていた集団予防接種による注射器の使い回しで体内にウイルスを注入された▼これを不条理と言わず何と言おう。きのう開会した通常国会の施政方針演説で、菅直人首相は「不条理をただす政治」を掲げた。であるのならば国がなすべきは被害者にきちんと謝罪し、その要求に沿って一日も早く救済策を講ずることだろう▼たとえ和解が成立しても患者の病との闘いは続く。ウイルス性肝炎はその感染者の多さから「国民病」とも呼ばれる。早期診断・治療体制を充実させ、国を挙げて肝炎撲滅を目指したい。
[PR]
by tamaranz | 2011-01-26 04:10 | B型肝炎訴訟

B型肝炎訴訟:全面和解へ 原告「苦渋の選択」 早期解決を優先

http://bit.ly/fIDPaI

http://bit.ly/fIDPaI

◇政府は丁寧な説明を 財源問題、被害者に責任ないB型肝炎訴訟:全面和解へ 原告「苦渋の選択」 早期解決を優先 (毎日新聞)


B型肝炎訴訟:全面和解へ 原告「苦渋の選択」 早期解決を優先
 ◇「謝罪ない」国に不信感
 「苦渋の選択だった」--。B型肝炎訴訟で札幌地裁が提示した和解案の受け入れを決めた全国原告団。記者会見に臨んだ原告らは複雑な表情を浮かべた。全員救済の枠組みに「一歩進んだ」との思いはある一方、発症者と未発症者(キャリアー)との和解金額の差など不満も残る。原告団は国への強い不信感も吐露した。【渡辺暢、神足俊輔】

 全国の原告団代表ら9人が出席した記者会見。北海道原告団代表の高橋朋己さん(57)は「もう、手の届くところに勝利があると確信している」と、これまでを振り返る様子で感慨深そうに話した。広島原告団の代表、山本重康さん(60)も「いてついた心が、ほとんど溶けています」と、安堵(あんど)の表情。大阪原告団の小池真紀子さん(58)は「(和解案は)私たちの運動が勝ち取った、誇るべきもの」と、目を潤ませた。

 和解への大きな一歩。だが、小池さんは4人家族のうち、2人の子供が母子感染している。「国は注射針で誰にでも感染の危険があったことを国民に伝えてほしい」。小池さんは複雑な心情を吐露した。

 原告が求めていたキャリアーへの損害賠償額は1200万円。和解案で示された50万円との差は、あまりに大きい。総会でも額の少なさへの不満は出たという。

 しかし、全国原告団代表の谷口三枝子さん(61)は、あるキャリアーから「不満はあるが、重篤な患者を思うと、(早期解決を)後押ししたい」と言われた。受け入れを決めたのは「やむを得ない」という思いからだった。

 一方で、財源論議への懸念も残る。和解協議に絡んで、閣僚らは補償のための増税に言及する発言を繰り返してきた。大阪原告団共同代表・久永信行さん(43)は「国は責任については一言も触れず、財源の話しかしていない」と声を荒らげた。

 被害を訴えるビラ配りでも、財源問題が報道され始めた途端、目に見えて受け取る人の数が減ったという。「これまでの差別に加え、増税で新たな差別が出てきてしまう」。問題がすり替えられる不安は大きい。

 「国は一日も早く責任を認め、謝罪してほしい」。代表らはこの言葉を、何度も繰り返した。

==============

 ■解説

 ◇政府は丁寧な説明を 財源問題、被害者に責任ない
 札幌地裁の和解案を巡り、早々と受け入れを決めた国側とは対照的に、原告の気持ちは揺れ動いた。

 最終的に早期解決を優先する道を選んだが、政府はこれが被害者の「苦渋の決断」であることを自覚すべきだ。今後の財政支出について、被害者側に批判が転嫁されないよう十分な配慮が望まれる。

 B型肝炎ウイルスの感染者は、未発症の段階でも将来への不安を抱え、就職や結婚、出産などで時に厳しい選択を迫られる。被害実態から見れば、キャリアーへの和解金が慢性肝炎患者の25分の1にしかならない50万円というのは受け入れ難くもあった。和解案提示後に各地で開かれた原告団会議は、歓迎ムードとは程遠かった。

 今後30年で最大約3兆2000億円とされる支出について、細川律夫厚生労働相は「国民の理解を得る必要がある」と訴える。しかし、被害を発生・拡大させたのは国で、和解費用の財政圧迫は原告の責任ではない。

 政府はまず、賠償の法的義務があることを国民に丁寧に説明し、被害者への謝罪の場を設けるべきだ。

 また、検査費の助成は自覚しないままの肝炎の進行を防ぎ、医療費抑制につながる面もある。こうした効果も説明すべきだろう。【久野華代】
[PR]
by tamaranz | 2011-01-26 04:04 | B型肝炎訴訟

B型肝炎訴訟、原告団、和解案受け入れ「苦渋の選択」

B型肝炎訴訟、原告団、和解案受け入れ「苦渋の選択」

http://bit.ly/gGaLun

http://bit.ly/gGaLun

◇増税論、原告は反発 「試算、根拠乏しく過大」
◇発症20年・2次感染…残るハードル
◇「最低ライン」拒めず

(毎日新聞)

クローズアップ2011:B型肝炎和解へ 財源確保へ政府検討

 ◇増税論、原告は反発 「試算、根拠乏しく過大」
 集団予防接種の注射器使い回しの責任を問うB型肝炎訴訟は、原告と国が札幌地裁の和解案(所見)を受け入れる方針を決めたことで、今後、政府は最大約3兆2000億円ともいわれる財源の確保など患者救済の枠組み作りに向けた本格的検討を進める。一方、慢性肝炎発症後20年を経過した患者については、和解案でも救済対象と明言されていないなど課題も残り、原告は「患者の切り捨ては許さない」と、さらに訴えていく。【佐々木洋、久野華代】

 「過去最大規模の国家賠償請求訴訟」。B型肝炎訴訟について、厚生労働省幹部はこう説明する。これまで約1400人に総額約300億円が支払われた薬害C型肝炎訴訟など、過去の国賠訴訟と比べても格段に大きな財政負担が生じると強調する。

 厚労省の推計では、救済対象は、肝がんや慢性肝炎などを発症した患者約3万3000人と未発症者の約40万人。和解案に沿った概算では、和解金の支払いや検査費の助成などで今後30年間で約3兆2000億円の財源が必要という。

 閣僚からはこれまで、「(増税も)あり得る」(野田佳彦財務相)などの発言が飛び出し、細川律夫厚労相も14日の会見で「国民全体で支え、わかちあっていただくことについてご理解をお願いしたい」と述べ、野党や国民にも協力を求めた。政府内では、安定した財源確保や救済の枠組みを作るため、超党派による議員立法や基金の創設などが検討されている。

 一方、国の試算について原告・弁護団は22日の会見で、「3兆円という数字は根拠に乏しく過大」と批判。実際に弁護団に相談してきた感染者でも、立証可能な人は10分の1程度に過ぎないという。

 原告団代表の谷口三枝子さんは「私たちは国のずさんな医療行政の被害者。国民にきちんと加害責任を説明せず、謝罪する前から増税論まで持ち出して国民を惑わしている。これ以上原告を苦しめないでほしい」と訴えた。

 ◇発症20年・2次感染…残るハードル
 患者の一律救済に向けては、課題も残る。

 一つは、慢性肝炎発症後、20年以上経過した患者の扱いだ。民法では、損害賠償請求権は20年が経過すると消滅すると定められている。この除斥期間の問題について、注射器使い回しを放置した国の責任を認めた06年の最高裁判決で、慢性肝炎患者の起算点は「発症した時点」とされた。

 弁護団によると、少なくとも原告数人が救済対象外の可能性があり、22日の声明で原告団は「長く苦しんだものほど救済から排除されるのは絶対に認められない」と指摘、全員の救済を求めていく。

 また、和解案では、予防接種でB型肝炎に感染した親から2次感染した子供の立証方法は「改めて協議する」とされ、原告と国の双方が継続協議する。

 課題がクリアされ、3月にも基本合意となれば、本格的な救済の手続きが始まる。現在検討されている枠組みでは、対象者はいったん提訴し、裁判所が各種証拠から「集団予防接種による感染者」と認定する。薬害C型肝炎訴訟でも同様だった。

 被害者と認められれば、発症者には提訴時の病状(肝がん、肝硬変など)に応じて3600万~1250万円、未発症者には50万円の和解金が支給される。その後、病状が進行すれば、差額を受給できることになっている。

 ◇「最低ライン」拒めず
 原告団の和解受け入れは、06年の最高裁判決で、集団予防接種での感染に対する国の責任が確定したにもかかわらず、放置されてきた被害者救済がようやく前進することを意味する。和解案は肝炎などの発症者と未発症者(キャリアー)の扱いに大きな差があるなど原告には不満も多い。だが、重い病をおし早期解決を訴えてきた被害者がいる以上、最低ラインの「全員救済」が示された案を拒否するわけにもいかなかった。

 08年3月に始まった訴訟で、原告12人が係争中に死亡。10地裁の原告630人のうち、死に直結する肝硬変や肝がんの患者は132人と、一刻も早い解決が求められていた。

 札幌地裁での和解協議は昨年7月から始まったが、主張は当初から平行線をたどり、目標としていた年内合意はできなかった。しかし、水面下では地裁と国、弁護団の3者が個別の論点について協議を重ね、地裁は原告に配慮しつつ、政府内で合意が得られる状況が整うのを見極めたうえで和解案を提示した。

 ポイントはキャリアーの扱いだった。和解金50万円の名目は「過去の定期検査等に要した費用」。外形的に原告の全員救済が実現する一方、他の国家賠償訴訟などへの波及を恐れ「損害賠償はできない」とする国側も体面が保てる。最大の問題がクリアされたことで、こう着状態は一変した。

 しかし、今回の和解案は、06年の最高裁判決と比べ、国の責任範囲は変わっていない。同様の救済はその時点でもできたはずで、被害者の「放置された5年間」に対する国への憤りが消えることはない。
[PR]
by tamaranz | 2011-01-26 04:01 | B型肝炎訴訟

終身刑。


<諸事情から、不適切と判断し削除しました。>
[PR]
by tamaranz | 2011-01-20 02:07 | B型肝炎訴訟

かきわすれてました。


<諸事情から、不適切と判断し削除しました。>
[PR]
by tamaranz | 2011-01-19 21:50 | B型肝炎訴訟

札幌地裁の所見(和解案)について。


<諸事情から、不適切と判断し削除しました。>
[PR]
by tamaranz | 2011-01-19 04:07 | B型肝炎訴訟


鬱って苦しいよね。。。さらにB型肝炎。。。鬱
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
どうでもいいけど。。。
ライフログ
タグ
最新の記事
WordPressをインスト..
at 2016-08-20 19:49
docomoのiPhoneで..
at 2015-10-27 13:07
私の体調
at 2015-01-03 03:08
北海道新聞 社説
at 2011-02-24 19:52
社説:B型肝炎和解へ 国民全..
at 2011-01-26 04:22
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
亀井京子 テレビ東アナが..
from 女子 アナウンサー 画像 掲示板
アルソックで防犯
from アルソックで防犯
求人WEB
from 求人WEBマガジン
情報は求人情報の求人サイ..
from 求人サイト情報
■元スーフリのキャンギャ..
from はずれ刑事慎重派パート3
これが亀井京子か
from 桃妓右士
フォルダをドライブに割り..
from エンジニアは健康第一
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧